月別アーカイブ: 2013年6月

成長と老化

昨日は主人の実家へ。
義父がミニチュアダックスフンド「ニコ」ちゃんと暮らしています。

義父は仕事も定年退職し、今は優雅な老後生活。
大手有名企業でウン十年と働いてきたので、退職金もたっぷりと頂いており、生活の心配はないようです。

嫁としてはとても楽。
うーん、うらやましい。
うちじゃ無理だろうな…。

そんなお父さん。
最近、めっきり白髪も増えました。
久しぶりに会ったら、とてもそれが目立っていて…孫が大きくなるということはこういうこうとなんだな、なんてちょっと思ってしまいました。

しかも、足腰もちょっと弱ってきているだけでなく、糖尿病の気配もあるらしく…
「この年になってダイエットだ」と笑っていました。

糖尿病はとても大変な病気です。
日本人では生活習慣や食習慣の悪さから発症してしまう2型糖尿病が多く、隠れ患者も多いことで問題となっています。
そうなってしまうもの、糖尿病は自覚症状がほとんどなく、わかるようになった頃には病状がかなり進んでいるからです。

できれはその発症は避けたい糖尿病。
お父さんにはなんとしても血糖コントロールを、今からしっかりとおこなってもらわなくてはいけません。

親子で愛用のバッグ

最近、はまっているブランド…それは「フェフェ」。
どれもこれもかわいくて…洋服はさすがに着れませんが、小物を一つはチョイスしたい。
特にバッグ系が大好きです。

「フェフェ」を使い始めたのは昨年。
雑誌で偶然見かけた手提げバッグ。
これがセカンドバッグとして大活躍!
かわいいし、ぬれても大丈夫だし、丈夫!
パッと目を引くデザインが社内でも大人気でした。

そこからはちょこちょこ「フェフェ」のアイテムが増えてきています。
でも、売り切れるのが早いから大変なんですよね…(ため息)。

で、今年は娘も「フェフェ」のバッグデビュー。
始めたばかりの習い事用のバッグにしています。

次は夏休みのお出かけ用のスーツケースだぁ♪

フェフェ バッグ

夏のマストアイテム!虫除けスプレー

蚊取り線香と同じく、去年活躍したのが虫除けスプレー。
認定オーガニック成分配合率95.9%の「メイド・オブ・オーガニクス アウトドアMGスプレー」を使っていました。
子供も嫌がらず、公園に行くときはマストアイテムでした。

でも、これ…開封してから半年で使い切らなくちゃいけない代物。
さすがだね☆
と思いつつ、使い切れませんでした…。

もちろん、今年は使いませんが、捨てるにはもったいなので、人以外にシュッシュしようと思っています。

蚊がきたら、蚊にめがけてシュッ!
庭掃除をしているときは、その周辺にシュッ!

少しは役に立つでしょう。

そして体用には、今年は「パーフェクトポージョン アウトドアボディスプレー」を使用。
持ち運びも便利な携帯サイズでまずはお試しです。
もちろんこちらもオーガニック品です。

虫除けスプレー

アロマで防虫「菊花せんこう」

蚊に備えて基本のアイテム、蚊取り線香登場です。
我が家では「菊花せんこう」を使っています。

この「菊花せんこう」は、合成着色剤や染色剤、そして農薬類を添加していない植物本来のものだけで作られています。
主原料は中国産の植物である除虫草。
蚊を殺すことはできませんが、蚊を寄せ付けない効果があります。

蚊取り線香はその煙を自然と吸い込んでいますから、なるべくなら体に優しいものをつかいたいもの。
それで見つけたものでした。

ちなみに、原料的に安心とはいえ、あまり煙は吸い込みたくないので、主な使用場所は玄関。
そして庭掃除するときのみです。

菊花せんこう

そろそろ蚊の季節です

雨が降っています。
気温も昨日よりかはグッと下がって、代わりに湿度はどーんと上昇。
ジメジメしていて気持ち悪い。
不快指数もアップです。

こんな日に困るのが洗濯物。
仕方がないので今日は浴室乾燥機で干しています。
うーん、電気代いくらかかるんだろう…(涙)。

そして気になるのが蚊の存在。
ここのところ、ちらほらと見られるようになりました。

戸建ての我が家は、毎年、夏になると玄関やその周辺になぜか蚊が大量に発生します。
まさに待ち伏せ状態。
家に入るとき、そして出るときにパチンパチンと退治します。

かわいそうなのは娘で、子供は体温が高く汗っかきということでよく狙われています。

去年は蚊取り線香と虫除けスプレー(どちらも体に良いもの厳選)のみで対応していましたが、今年は家の周囲に虫除け草やハーブを植えようと計画。

で、さっそくまずは虫除け草を買いにいったのですが…残念、売れきれ。
みんな考えることは一緒なんだなぁ。

でも、あきらめないもんね。
通販で探してやるー!!

スタッフドピーマン

「玄米と野菜のワンプレートごはん」に載っているレシピをさっそく作ってみました☆
夏の料理の一つ「スタッフドピーマン」です。
いうなれば、ピーマンの肉詰めの玄米&高野豆腐バージョンです。

戻した高野豆腐をミキサーにかけ、玄米と混ぜてピーマンに詰めます。
味付けはお醤油とシンプル。
表面に片栗粉をまぶすので、出来上がりはもちもちになっていました。

食材は安全で安心な生協で。
使う油は菜種油で、高野豆腐はこだわりのものを。
通常、みかける高野豆腐とは違います。

高野豆腐

そしてピーマンは宮崎県のカラーピーマン。
これだとピーマン嫌いの娘も少しは食べてくれるんです。

さらに玄米は、今回はパウチされている発芽玄米を使用。
5パック入りで、1パックが1合ほど。
娘とパパが玄米があまり好きではないので、白米と混ぜて使います。

発芽玄米

高野豆腐に玄米、そして菜種油。
どれも体にバッチリな食材です♪

玄米と野菜のワンプレートごはん

昨日の休日。
買い物がてらに本屋さんにGO!

目的はブラウンズフィールド発マクロビオテック本「玄米と野菜のワンプレートごはん」。
あるかなぁ~…と不安になりながらも探すと…。

ありました☆
やったね♪
なかったら取り寄せで待つことになるところでした。

ぱらりと見てみると、ワンプレートを意識した料理がずらり。
これは献立を考えるのも楽です♪

まぁ、忙しいときに無理矢理やると挫折しそうなので、時間があるときにボツボツやっていこうと思います。
慣れてきたら、また違ってくると思うし。

心配なのは…娘が食べてくれるかです…。

玄米と野菜のワンプレートごはん

再開!?マクロビオティック

今、一番行ってみたい場所…それは千葉のブラウンズフィールド。
サイトをちょくちょく見ていたら、こちらでお料理を担当されている方が本を出版されているとのこと。
それもマクロビオティック。
タイトルは「玄米と野菜のワンプレートごはん」。
マクロビオティックは、体の健康や美容にも良いメニューといわれており、モデルさんや女優さんの間でも定番となっている(?)、きれいを保つ料理です。

以前、マクロビオティックが流行り始めた頃に便乗してやったことがあるのですが…
ちょっと自分には合いませんでした。
というか、うまく味に慣れなかった…。
でも、まだ未練たらたら。

今思うと、結構本格的なマクロビオティック本だったからかな…なんて思ったりして。
ブラウンズフィールドで紹介されているレシピ本は「ゆるマクロビ」。
簡単にできる、ちょっと肩の力を抜かしたマクロビオティックだというのです。
今回は、うまく続けることができるかな!?
ちょっと気合をいれてやってみたいです。

夏休み行きたいブラウンズフィールド

もうすぐ夏休みです。
でも、仕事しているママは通常通り…。
幼稚園でも、さっそく夏休み期間のお預かりについての予定表を提出させられました。
いつもより1ヶ月早いです。

同じお仕事ママと
「夏休みどうしますか?」
なんて話になり、
「うちは通常通り。がっつり入っています」
というと、ほっとしたような表情。
ですよね。
お友達がいなかったらさびしいもの…。

とはいえ、お盆期間はお休み。
1週間です。

そして、寂しさを感じさせないように、夏休みはいろいろと遊びに行こうと計画中。
まだ年少さんだしパパの休みはわからないので、遠出は来年以降になりそうですが、近場でいろいろと計画中。

映画、プリキュアミュージカル、サーカス、ディズニーのアイススケートと予約を取っております。
えっへん!

そして、パパの休みが合えば、そして宿がとれれば、千葉にあるブラウンズフィールドに一泊したいと考えています。
このブラウンズフィールドは、自然を体験するお宿…といったところでしょうか。

自然に囲まれた敷地内には、畑や田んぼ、そして動物たちがいます。
そして農業や食、健康に関するさまざまなワークショップをおこなっています。
まさに、昔の田舎のようなところ!
こういったところもあるんだよと、たまには都会を離れての生活を教えたいのです。

とはいえ、パパの休みもわからないし~…。
まぁ、無理だろうな…(ガクッ)。

喉とお腹に嬉しい「伊勢国朝熊岳 萬金飴」

今日も真面目にパチパチとパソコンとにらめっこ。
と、先輩が飴を一つくれました。
疲れた時に甘い飴は癒されます。
喜んでいただきました♪

その飴の名前は「伊勢国朝熊岳 萬金飴 黒糖風味」。
裏側のパッケージには、「伊勢くすり本舗謹製」と書かれているではありませんか。

先輩を見ると、にやりと目が笑っています(汗)。

恐る恐る口にいれると、甘い黒糖の味。
「なんだ、心配しすぎかな」と思ったのもつかの間、しばらくすると口の中に苦い味が…。
思わず、お茶で飲み込んでしまいました。

先輩に「強烈ですね」というと、「くすりだからね。体にいいよ」と…。
なるほど、調べてみると確かにその通りでした。

この「伊勢国朝熊岳 萬金飴 黒糖風味」は、中に阿仙薬、甘草、桂皮といった和漢植物を配合した飴。
のどとおなかにとっても良い健康的な飴なんだそうです。

真ん中に入っているので、口にいれてもすぐにはわかりません。
が、なめ続けるうちにその苦みが…出てくるというわけなんですね。

まさに「良薬は口に苦し」。
ありがたいけど、ちょっと次は遠慮です…。