クレオパトラも食べていたモロヘイヤ

野菜をたくさん摂りいれるようにしているのですが、最近、特に購入頻度が高いのがモロヘイヤ。

モロヘイヤと言えばネバネバ食品。
その栄養価は青菜の中でも高いと言われています。

そんなモロヘイヤは、なんとエジプト出身なんだそうです!?
古来から食べられており、なんとかの美人で有のクレオパトラも食べていたのだとか。

アラビア語で「王様の食べる野菜」と言う意味だそうですが、実際には庶民にも愛されていた野菜だったそうです。

ちなみに日本に入ってきたのは1980年代。
意外と来日して日が浅いんですね。
そういえば、自分が子供の頃、あまりモロヘイヤ食べた記憶がない…?

モロヘイヤはお料理もしやすく、ハンバーグに混ぜて、もしくは卵と一緒に炒めてよく食べています。
が、娘は見た目からアウトのようで…食べてくれません。
おいしくて健康に良いのに…もったいないなぁ。

自分で調理すれば食べるかな…と思って、昨日は一緒にハンバーグ作り。
大根おろしとカイワレをのせて食べました。

とってもおいしかったのに…うーん、子供の好き嫌いは強力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です